魅力的な日本語教師になるには - 日本語教師はこれから需要の高まる職業です

日本語教師はこれから需要の高まる職業です

  • 魅力的な日本語教師になるには

    • 日本語教師は、教師と名前についていますが、必須の資格があるわけではありません。
      しかし、日本語を教える能力があることを証明するために、日本語教育能力検定試験の合格や指定の日本語教師養成講座を420時間以上受講し、修めるといった方法があります。

      また、大学で日本語を専門に学んだ人も、日本語教育を行う能力がある証明とできます。

      就職の際には、上で述べた3つの条件のうち、どれかを満たしていなければなりません。


      なぜなら、多くの求人ではどれかの条件を満たしていることを応募条件にしているからです。

      日本語教師について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

      主な就職先は日本語学校です。



      日本語学校は国内外に存在し、多くの人がそこで日本語を学んでいます。


      日本語教師は、あらゆる形態の働き方ができます。

      しかし、常勤として働いている人は多くありません。


      非常勤の仕事を複数持ち、生計を立てている人も多いのです。なので初めは非常勤として働き始め、実績を積んでいき、常勤講師として採用されるのを狙うのも一つの方法でしょう。経済面で見れば、日本語の需要が少なくなっています。

      ですが、日本には海外に人気のある文化があるため、日本に興味を持った人が、意欲的に日本語を学んでいるケースも少なくありません。

      そこで必要とされるのは、高い日本語能力を持ち、さらに、日本に精通している教師です。


      ただ日本語を教えるだけではいけません。


      例えば、日本の魅力を授業の中に加えて、より日本への関心を高められるような人になれれば、他の人より優れた日本語教師となれるでしょう。



top