日本語教師はこれから需要の高まる職業です

  • 養成講座で日本語教師になる

    • 日本語教師は主に、日本語学校で働いています。そんな日本語教師になるためには、3つの方法があります。1つは、日本語教育能力検定試験に合格することで、次は、大学で日本語を変更する方法です。


      そして、次は民間の養成講座を修了することです。


      養成講座は、合計420時間以上修める必要があります。

      この養成講座の420時間の中で学ぶのは、日本語の理論、実技、実習です。


      理論は日本語の文法や発音、アクセントや歴史などを学習します。

      厳選した日本語教師の養成使いやすさが好評です。

      普段何気なく使っている日本語ですが、いざ改めて文法などを誰かに説明するとなると、意外と難しいです。

      日本語教師として働くためには、日本語の文法などを改めて知る必要があります。


      授業の中で歴史などを学ぶのは、学ぶことでより魅力的に日本語を教えることができるためです。
      ただ単に、日本語を教えるのではなく、楽しく興味深い日本の話ができる日本語教師は、これからも求められ続けるでしょう。


      次は模擬授業などを行います。
      実際に現場で働く前に、授業の感覚を身に付けておけば、実際に教壇に立った時に役に立つでしょう。


      多くの人の場合、今まで教師から教わる側の経験しかない人が多いので、この授業は、はじめ戸惑うかもしれません。


      最後に実習についてです。


      実習では実際に教壇に立ち、授業を行います。



      本番と似た状態で状況で事業ができるため、実際にプロフェッショナルとして働くときにも役に立つでしょう。



      実習で日本語教師として働く自信を持つことができれば、前向きに就職活動を行えるでしょう。

top