日本語を教えるプロにある日本語教師養成学校 - 日本語教師はこれから需要の高まる職業です

日本語教師はこれから需要の高まる職業です

  • 日本語を教えるプロにある日本語教師養成学校

    • 日本語をネイティブに話す方にとってはあまり意識することがないものですが、日本語を母国語としない方に日本語を教えるということは高い技術が必要となる仕事です。

      現在海外ではにわかに日本がブームになっています。

      独自性の高い日本語教師の養成について正しい知識を持つこと重要です。

      日本政府としてもクールジャパンという合言葉を元に、アニメや漫画などをメインに日本文化を海外へアピールしています。
      また、島国である日本は諸外国に比べて独自の文化を形成していますので、日本家屋や盆栽、神社仏閣に至るまで、日本文化に憧れを持つ外国人の方は少なくありません。


      そこで、日本語を学びたいという外国人の方に日本語を教えるのが日本語教師という職業です。日本語は言語として世界でも難解な言語として知られています。

      漢字、ひらがな、カタカナを使い分け、複雑な文法や尊敬語に謙譲語など英語などの諸外国の言語とは異なる体系の言語です。

      日本語教師は日本語を分かりやすく教えることが仕事になりますが、プロとして日本語教師になるために養成学校に通うという方も少なくありません。



      養成学校では日本語教師能力検定に合格することが一つの目標になります。



      日本国内においても、海外においても、日本語教師能力検定に合格しているかどうかが就職できるかどうかの分かれ目になってきます。
      多くの養成学校ではこの試験をパスすることを目標にカリキュラムが組まれていますが、年に1度の試験で合格率が20%前後と難しい試験になりますので、しっかりと授業に集中して挑むようにしましょう。

top